2014-07

資金配分の見直し

シンガポールTC賞_1


シンガポールターフクラブ賞 中京芝2000m

先週は馬券がトリプル的中したにもかかわらず、もう一つのレースが全てハズレた事で結果的に少しだが赤字になってしまった。
で、今回は資金配分を考え直すことにし、単勝の比率を上げてその分複勝の比率を下げたのでした。

単勝2頭買いは1頭買いよりは的中する確率が当然2倍になる。しかし、複勝しか当たらなかった場合は的中赤字のリスクが発生する。でも単勝が当たる確率が高くなるおかげで長い目で見ればその的中赤字の損失は取り戻せるんじゃないかと考えたのでした。(複勝1点買いなら的中赤字のリスクは発生しないが的中率が大きく下がる)

なので単複2頭買いの場合、複勝の金額ばっかり上げてしまうと、まず不可能な話だが全てのレースを的中させなければ回収率100%超えは難しい。

と言うわけで今回の予想と資金配分は、

5番アドマイヤギャラン 単勝200円(7倍的中)、複勝300円(2.1倍的中

11番アーカイブ 単勝200円(ハズレ)、複勝300円(ハズレ)

賭け金計1,000円  払い戻し2,030円
スポンサーサイト

天の川S 福島芝1800mハンデ

     天の川S_1

今回は比較的予想しやすそうなレースでした。
予想してた展開としては逃げ・先行馬少ないので当然スローペース。

3番フィロパトール◎・・・逃げ馬・スローペース・斤量53kg・内枠
と言う好条件そろったわけで本命決定。(単勝5倍・複勝1.6倍的中

9番チェリーヒロイン〇・・・昔は追い込み馬だったが今は先行・差し競馬もできる。そして53kg。ベテランの横山騎手騎乗。という買い材料揃ったわけで購入決定(単勝ハズレ・複勝1.5倍的中

購入金額1,200円 払い戻し2,050円


        豊明ステークス中京芝1400mハンデ戦
過去に中京レース好走歴を考慮して
8番ロードガルーダ◎
5番モグモグパクパク〇

各馬に単勝100円、複勝500円賭けて全額ハズレ!

購入金額1,200円 払い戻し0円

トータルで-400円

古本屋で手に入れたDVD付き馬券本

1404814327520.jpg

レースを見る事の重要性を詳しく書かれてます。
過去のレース映像を実際に見てどの程度の有利または不利な流れだったのかを考えて次走の予想に活かす本です。

やはり競馬新聞に書かれてる程度の不利なレースをした馬の情報は万人の目についてしまい、必要以上にオッズが下がって結局穴人気となってしまいます。

この本では競馬新聞に載っていないような不利なレースをした馬を見つけて好条件が揃った時に適材適所で狙うのがスタンスとなっているようですね。

第63回 ラジオNIKKEI賞(GIII) 福島芝1800mハンデ戦

今回最も高い評価を与えたのは2枠3番ウインフェニックス。

なぜなら2走前のニュージーランドトロフィー(GⅡ)ではかなり内枠有利な中山1600mのコースで1000m57.6秒という超ハイペースラップ、かつ終始大外を先行して粘っての5着であった事、しかもこの時の勝ち馬はその後、NHKマイルカップ(GⅠ)6着。つまり、レベルの高いレースだったという推測が成り立つ。しかも今回福島コースに変わるのは前回より直線が短くなるので先行馬にはプラス材料。

で、もしバテてゴール寸前で差してくるとすれば4枠7番ショウナンワダチだろうと判断。

本命視されてる2枠4番クラリティシチーは中山競馬スプリングS3着の実績の持ち主ですが、中山より直線が短くなるのは後方からの競馬が得意なこの馬にはマイナスと思い、△評価

よって、考えた組み合わせは、
2枠3番ウインフェニックスの単勝100円、複勝400円(3.1倍的中
4枠7番ショウナンワダチの単勝100円、複勝400円(ハズレ)
枠連2-7 100円(ハズレ)

賭け金1,100円 払い戻し1,240円

こんな回収率ならウインフェニックスの複勝1点買いにしとけば良かった。

«  | ホーム |  »

プロフィール

勝負騎士

Author:勝負騎士
勝負強い人または勝機が訪れるまで待てる辛抱強い人になるにはどうしたら良いか考える研究ブログです。

でもたまには馬券以外の勝負事も書いたり私的な雑談を載せたりもしたいと思います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

馬券修行録 (155)
雑談 (5)
未分類 (0)

来訪者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1535位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
708位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR